千葉県の病院、介護福祉施設で働く人達のみかた。日本の医療労働の組合。千葉医療労働組合連合会(千葉県の医労連)  
千葉県医労連マークとナースのNacchan 千葉県医労連 医療・福祉従事者の味方
64


☆お問い合わせ☆
千葉県医療労働組合連合会
千葉県千葉市花見川区
     幕張町 5-417-222-111
電話:043-213-5071
FAX:043-275-8210
E-Mail:ここをクリックして下さい



県医労連の活動 >> 看護職員需給見通し要請書

安全でゆきとどいた看護を実現する
需給見通しの策定を求める要請書


2005年2月10日
千葉県知事 堂本暁子 様
千葉県医療労働組合連合会 執行委員長 路 野 俊 雄
千葉市花見川区幕張町5-417-222-111 
千葉民主医療機関連合
会 長 岡 田 朝 志
千葉市中央区中央4-8-8コジマヤビル201
千葉県看護をよくする会
会 長 坂 本 直 子
船橋市二和東5-1-1 船橋二和病院内
(公印省略)
安全でゆきとどいた看護を実現する
需給見通しの策定を求める要請書

 今、看護の現場は、医療事故防止・安全確保のための体制整備、在院日数短縮による患者の重症化などによって、かつてなく過酷な実態となっています。看護職員の8割が慢性疲労、7割が健康不安を訴え、7割近くが辞めたいと思っているという深刻な状況です。そして、患者さんも十分な看護を受けられず、我慢を強いられています。
 千葉県の「看護職員需給見通し」計画は、最終17年度の充足率でも96.2%となっており、新たに策定される計画においては初年度から100%の充足率を掲げ、深刻となっている看護現場と患者サービスを大きく改善することが必要です。  よって、早急に「看護職員需給見通し検討会」(あり方検討会)を設置し、下記の点を反映して需給見通しが策定されるよう要請いたします。

(1)入院日数短縮等による深刻な過密労働を解消し、安全でゆきとどいた看護を実現するため、看護職員の配置を抜本的に増やすこと。
  1. 一般病床は、日勤は患者4人に1人以上、夜勤は10人に1人以上の配置とすること。
  2. 一般病床以外の入院は、日勤は4人に1人以上、夜勤は20人に1人以上の配置とすること。
  3. 外来は、看護職員1人が1日に対応する患者数を、病院20人、診療所30人とすること。
  4. 手術室は、手術台1台につき3人以上の配置とすること。
(2)安全な看護を保障するため、確認作業や委員会・研修などに必要な人員増を盛り込むこと。また、新人看護職員研修6ヶ月間の必要人員を見込むこと。

(3)不払い時間外労働など、労働基準法違反をいっそうし、夜勤月6日(当面8日)以内、権利諸休暇や育児休業、夜勤免除の保障など、看護職員の過酷な労働条件を改善する人員増を見込むこと。

(4)医療・看護の必要性が高まっている介護・福祉施設については、夜間も含め、看護職員がいない時間帯をつくらない人員配置を保障すること。

(5)看護職員の確保は、人員増・労働条件改善により離職防止を基本にすえるとともに、公的責任による必要な養成数を具体化すること。

(6)「看護職員需給見通し検討会」(あり方検討会)を設置し、看護・労働実態調査を実施するとともに、現場看護職員や千葉県医療労働組合連合会などからヒヤリングを行い、現場の要請にもとづいて策定作業をすすめること。また、厚生労働省が「以下については、既存統計資料の活用又は抽出調査でも可とする」施設などについても実態調査すること。

(7)「看護職員需給見通し検討会」(あり方検討会)の委員には、千葉県医療労働組合連合会の代表をはじめ、現場で働く看護職員の代表を加えること。

(8)需給見通しの内容は、患者さんと看護職員の置かれた過酷な実態の具体的な改善計画、そのための人員確保計画とすること。
以 上